悪魔が頂き!の戯言日記

悪魔が頂き!の戯言日記

痛車やアイマスやドールに手を出したら、いつの間にか結婚したオタの日記。

プロ野球 広島vs東京ヤクルト@(広島)MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島

数日前、マイミクさんから「同行者の都合が悪くなって、余ってるんだけど・・・」
と連絡を受け、ちょうど仕事が休みだったので・・・
f:id:a_kuma_get:20190414191521j:plain
f:id:a_kuma_get:20190414191524j:plain
ズムスタにやってきました~。


f:id:a_kuma_get:20190414191527j:plain
対戦相手は、畜ペンでおなじみのスワローズ。
この時は、スライリーが色々とアクション起こすも、
完全無視して棒立ちしていました(w


f:id:a_kuma_get:20190414191530j:plain
ズムスタはコンコースが自由に周回できるので、色々な角度から楽しめますよね。


f:id:a_kuma_get:20190414191534j:plain
7回のカープ攻撃前に、おなじみのジェット風船
実際、今日の試合は7回に大きなチャンスがあったんですが、残念ながら得点できず。
そして延長戦で力尽き、敗戦となってしまいました。


ま、何にしても、やはり現地での観戦は迫力ありますね!
今や、ズムスタのチケットはなかなか手に入りにくくなっているので、
今回はお誘いいただいたマイミクさんに感謝です(^^

新学期は始まっていなかった

桜と車の撮影をした後、ちょいとゲーセンへ。
「火曜だからマジアカが半額だな・・・ってか、時期的に、新作になってるのかな?」
と思って見てみましたが、新作にはなってませんでした(^^;


とりあえず、新しく配信されていた検定のうち、「KONAMI検定」をプレイ。
f:id:a_kuma_get:20190409205536j:plain
3回目でようやくBランクと、どうにも相性が悪いみたい。
まぁ、KONAMI音ゲーは一時期よくプレイしてたけど、
コンシューマーの代表作である「ときメモ」「パワプロ」「メタルギア」などのシリーズを
一切プレイしてませんからねぇ(^^;
そりゃ、点数も伸びませんわ。

桜と車 2019

先日から、「桜とドール」や「桜と錦帯橋」を撮影してきましたが、
毎年お約束の「桜と車」を撮っていませんでした。
というのも、この時期の花粉や黄砂を含んだほんの少しのパラつき雨で、
車が本当に汚れまくっていたんですよね(^^;
なので、「桜と車」を撮るには洗車しないといけないけど、その時間も無いかな・・・
と思っていたんですが、休みである今日も桜は何とか残っているっぽいし、
今夜~明日にかけて大雨になるみたいなので、チャンスは今日しかない!


というわけで、午前中にササッと洗車。
昼前に出発し、錦帯橋近くの桜並木あたりに行ってみると・・・
まだ、桜の時期限定の駐車禁止規制が残っている!?
錦帯橋周辺は、一部を除いて駐車禁止では無いんですが、
桜の時期などはどうしても大混雑してしまうので、一帯が駐車禁止になるのです。
んで、春休みも終わったし、もう解除されてるだろう、と思って行って見たんですが、
どうやら今週末までは継続されているようです(^^;


なので、「ん~、自宅近くの公園の桜も残ってたから、そこにしようかな。
でも、去年もそこで撮ったしなぁ・・・」などと思いつつウロウロしていたら、
川土手の道が、同じように駐車禁止にはなってるんだけど、
そこから分かれて河川敷に向かう道には駐車禁止の看板が無い!?
どうやら、分岐からこちらの道は、規制がかかってないみたいでした。
というわけで、そこに車を停めて、撮影開始!


f:id:a_kuma_get:20190409205309j:plain
f:id:a_kuma_get:20190409205312j:plain
f:id:a_kuma_get:20190409205520j:plain
f:id:a_kuma_get:20190409205524j:plain
f:id:a_kuma_get:20190409205528j:plain
f:id:a_kuma_get:20190409205532j:plain


かなり散ってはいますが、何とか桜の雰囲気は撮れたかな。
ごくたまに他の車が通るので、基本的には路肩に寄せて撮影してましたが、
最後の写真は、前後の状況を確認して、わずかな時間だけ道路の真ん中に停めて撮影しました(^^;

新年度と言うことで

新年度が始まって4日目ですが、
実は、4月1日からTwitterを始めてみました。


と言うのも、今まで多くの方と交流をしてきたmixiですが、
マイミクさんの多くがTwitterに移行しているので、
私もmixiの代わり的な意味で使ってみようと思いまして。
なので、当面は非公開アカウントでやっていきますので、
Twitterをやってるリアル友人やマイミクさんは、そちらでもお願いします。

伝国の玉璽を手に入れた!

嫁さんが、出先で見つけたガシャポンで・・・
f:id:a_kuma_get:20190409205300j:plain
伝国の玉璽を手に入れてきました(w


物はと言うと・・・
f:id:a_kuma_get:20190409205307j:plain
キャラ絵の、インク内蔵式スタンプです。


f:id:a_kuma_get:20190409205303j:plain
印面は、キャラ5人にセリフ有無の違い。
また、本体は金メッキ・銅カラー・翡翠カラーの3色があるようです。


玉璽が手に入ったということは、私もゆくゆくは孫堅袁術か・・・(死亡フラグ

桜と錦帯橋+α@岩国/錦帯橋周辺

昨日は、桜と黒猫&かりたんの撮影をしてきましたが、
そういえば、桜だけの撮影をちゃんとしてませんでした。
と言うわけで、仕事後に、錦帯橋や周辺の桜を撮影してきました。


f:id:a_kuma_get:20190407224539j:plain
車を停めた駐車場付近。


f:id:a_kuma_get:20190407224547j:plain
18世紀中頃の武家屋敷の遺構である「旧 目加田家住宅」の前。


f:id:a_kuma_get:20190407224555j:plain
桜と、吉香神社の絵馬堂である「錦雲閣」。


f:id:a_kuma_get:20190407224600j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407224605j:plain
終戦直前に竣工した博物館の「岩国徴古館」。
ここの桜は、ボリュームがあって見事でしたね。


f:id:a_kuma_get:20190407224750j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407224813j:plain
佐々木小次郎」像と桜。
吉川英治の小説「宮本武蔵」では、佐々木小次郎が岩国出身として描かれています。


f:id:a_kuma_get:20190407224836j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407224854j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407224911j:plain
横山側から撮った、桜と錦帯橋


f:id:a_kuma_get:20190407225412j:plain
錦帯橋の上流にある錦城橋から。


f:id:a_kuma_get:20190407225415j:plain
岩国側から撮った、桜と錦帯橋


とりあえずはぐるっと撮影しましたが、今年は錦帯橋近くの桜の一部を
実験的にライトアップしているとのことなので、そちらを撮影するために暗くなるまで待機。


f:id:a_kuma_get:20190407225419j:plain
吉香公園入口付近の桜。


f:id:a_kuma_get:20190407225424j:plain
ライトアップされた桜と錦帯橋
ライトアップは、通常の白っぽい色で3~4本と、様々な色に変化するライトで1~2本が照らされていました。


f:id:a_kuma_get:20190407225430j:plain
白っぽいライトで照らされた桜と錦帯橋


f:id:a_kuma_get:20190407225839j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407225849j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407225853j:plain
変化するライトで照らされた桜と錦帯橋
他にも、緑色や黄色などに変化していました。


f:id:a_kuma_get:20190407225857j:plain
f:id:a_kuma_get:20190407225901j:plain
錦帯橋の上から、ライトアップされた桜と、花見客向けの屋台等の明かり。


そんなわけで、錦帯橋周辺の桜でした。
でも、このあたりの画像だと、もっと色んな意味で上手く撮影している人がたくさんいるんだろうなぁ。
ライトアップされた桜のあたりも、今年から始まった試みであるためか、
かなりの人数のガチ(機材とかの見た目だけでの判断ですが)なカメラマンがいましたからね。


それにしても、多く撮影して画像編集をしていると、
どう編集するのが良いのか段々わからなくなってくるんですよね(^^;
もっと明るくすべきなのか抑えておくべきなのか、もっとシャープさを出すべきなのかボカしておくべきなのか・・・。
また後日に画像を見直したら、「こうするべきだったかな」と思ってしまうかも知れません。